そもそもソフトシェービングと本格シェービングとは?

そもそもソフトシェービングと本格シェービングとは?

ソフトシェービングと本格シェービングの違いが分からずに施術を受けてしまったという女性も多いものではないでしょうか。

ソフトシェービングと本格シェービングの大きな違いは、使用する道具にあります。ソフトシェービングでは電気カミソリを使用し、本格シェービングは実際にカミソリの刃を肌に当てて除毛処理を行うというのが違いになります。

ソフトシェービング

電気カミソリは家電販売店で誰でも手に入れられるものであり、自分でも処理することができます。肌に直接刃が当たらないために肌が弱い人にも安心ですが、産毛などの短い毛をキャッチするのが難しいので剃り残しの可能性も高くなるため、専門のサービスを利用した方が仕上がりに違いが出てきます。

本格シェービング

本物の刃を使用して施術を行うためにメニューを設けていない施設もあるというのが違いです。国家資格でもある理容師免許を持った人だけが施術をすることができるものであり、その施設も保健所に認定されている必要があります。

ソフトシェービングと本格シェービングでは、使用している道具の他にも仕上がりにも違いが出るものです。施設によってはどちらかだけで行われていることもあるので、事前確認が必要です。

効果に違いはあるの?

シェービングは、ムダ毛が気にならない部分でも人間の肌には産毛が生えているものであり、色が薄い産毛と言っても黒い色の色素が入っているために肌表面が暗い色になってしまっています。この産毛を処理することで肌色をワントーン明るく見せることができるものであり、シェービングをすれば肌の色が大きく違います。

ソフトシェービングと本格シェービングはどちらも肌をきれいに見せることができる効果のある施術ですが、仕上がりに違いがあります。毛は毛根から生え始めて肌の表面まで伸びてきていますが、本格シェービングなら肌のぎりぎりのラインから剃り落すことができます。
一方、ソフトシェービングでは肌に直接刃が当たらないために浮かした状態で除毛処理をされるため、肌から少しムダ毛が残った状態にもなっています。すっきりとムダ毛をなくしたいのであれば本格シェービングが向いていますが、肌にも負担があるために難しい選択です。

結婚式ではムダ毛のないきれいな肌を見せたかったのに、本格シェービングでかえって肌トラブルを発生させてしまっては意味がありません。一般的には本格シェービングを推奨されていることも多いものですが、事前に試してからなら安心です。

ソフトシェービングを選ぶべき人

お肌の弱い方、金属アレルギーの方におすすめ!

ソフトシェービングは、肌の弱い人にはぴったりの方法です。本格シェービングでは、スタッフの技術によっても肌の表面の皮膚を削り取りすぎてしまうこともあるものです。肌の上には古い角質がたまっているので、薄く削り取る程度なら汚れがとれて肌に透明感を与えることができる一方で、削り過ぎは擦り傷を負ったように肌を傷めてしまうことになってしまいます。もともと肌が弱い人であれば、皮膚を削らないソフトシェービングが安心です。

また、金属アレルギーを持っているという人にもおすすめしたい方法です。ネックレスや指輪などのアクセサリーでかぶれを起こしたことのある人は金属アレルギーの可能性が非常に高いです。本格シェービングでは、直接肌にカミソリの刃をあてて除毛処理をしますが、長時間触れていなくても強いアレルギーを持っている人には除毛作業で触れただけでも肌に赤みが出てしまうこともあります。ソフトシェービングなら、肌に直接カミソリの刃が当たらないので、金属アレルギーの人にも安心して利用することができます。

一生に一度の結婚式で、肌トラブルがあっては恥ずかしいものです。不安な人は、一ヶ月前などに事前にためし剃りを受けてみると安心です。

本格シェービングを選ぶべき人

結婚式を控えている方、しっかり剃りたい方におすすめ!

シェービングとはムダ毛を脱毛せずにカミソリで除毛処理を行うことであり、結婚式前の花嫁に多く利用されているサービスです。
ウエディングドレスを着用する時にはうなじや背中が広く開いたデザインも多いことからムダ毛が気になってしまうものです。ムダ毛は濃いほうではないので気にならないという女性もいますが、目立たないムダ毛であっても産毛がびっしりと生えているものであり、色が薄くて遠目には見えなくても披露宴でのスポットライトが当たれば白く光ってしまうものであり、ムダ毛処理が欠かせない部分です。

また、腕や脇であれば日頃からムダ毛処理をしている女性も多いものですが、うなじや背中など剃ったことがない部分であれば肌トラブルの可能性も高くなるので、自己処理ではなく専門のサービスを受けた方が安心です。手が届きにくい場所でもあるので剃り残しの心配もなく、肌を傷めないようきれいに仕上げてもらうことができます。

近年では全身脱毛に通っている女性も増えてきました。すでに脱毛を完了させている人であればシェービングの必要はありませんが、まだ完了していない人にもブライダルシェービングは普段の自己処理ではなく受けておきたいサービスです。

関連記事

【料金比較】ソフトシェービングvs本格シェービング
結婚式前のシェービングを自分でした結果…悲惨な失敗談