シェービングの効果が持続する期間

シェービングの効果が持続する目安は3〜4週間

シェービングとは、生えてきた毛を剃ることにより肌を綺麗にして、また肌表面の角質を刃物で削ぎ落とすことにより肌表面が綺麗になるというものです。といっても、毎日していいものではないということを知っておきましょう。シェービングは毎日行うものではなく、ある程度期間をおきながら定期的に行うほうが効果的です。


この期間とは、部位にもよりますがだいたい3週間から4週間程度に一回、定期的に行います。顔でもうなじでも背中でもその位の期間でシェービングに通うことにより、肌の状態を改善し、ムダ毛を整えるという効果が期待できるでしょう。また、削り落ちたあとの角質が生まれ変わり綺麗な状態になるのもだいたいその位の期間です。肌表面の汚れを落としてターンオーバーを刺激する効果もあります。
このため、肌表面を綺麗にするためのシェービングだとしても、だいたいそのくらいの期間をおいたほうがいいでしょう。逆に積極的にやり過ぎると肌が必要以上に薄くなり、肌トラブルのもとになってしまうこともあります。

とはいえ、実際にはパーツによって違います。また、毎週人にシェービングしてもらうのも出費がかさむので、もしエステなどでシェービングしてもらうのならこの位の期間がいい、と思っておくといいでしょう。

毛の生える周期

ちなみに毛の生える周期はいつもどこでも同じというわけではありません。毛穴は様々な状態がありますので、その毛穴ごとの状態を知り、お肌をより綺麗にできる周期を知りましょう。毛とは生え変わるものですので、それなりに抜けたりする時期もあります。また、生えるまでに少し休む時期もあります。

育毛期・発毛期

毛が育つ時期を育毛期・発毛期などといいます。この初期になると休んでいた毛根から毛が生えるようになり、毛もぐんぐん育ちます。この頃はだいたい毛が生えそろい綺麗に育つ時期です。髪の毛ならばヘアケアをしやすく効果が出やすい時期と言えるでしょう。
その後休止期という時期が来ます。この頃になると毛は伸びませんが抜けもせず、そのままの状態を維持します。この頃は毛根もしっかりしており、毛の栄養もしっかりと行き渡る時期です。 そして脱毛期がきます。この頃は毛根から毛が抜ける時期となります。とはいえ痛みはなく、毛根からゆっくり抜け落ちていきます。

休眠期

この頃は毛根が休む期間となり、毛根から毛が生えてくることはありません。これらの期間はだいたい2ヶ月ですが、それぞれの毛根でバラバラに行われます。また、それぞれの部位によっても期間は違います。

シェービングの頻度は部位によって違う

もし肌を綺麗にすることを目的としたシェービングを行うのなら、効果が出やすくなるようこの毛周期を考えましょう。

髪の毛の場合

約4ヶ月で新しく生えてくる様になります。このため、うなじを綺麗に整えて欲しいというのなら髪の毛の周期とよく似ています。とはいえこの周期で行くとうなじが汚くなることもありますから、その半分くらい、だいたい2ヶ月程度ということが言えるでしょう。

顔の場合

顔は産毛や細かい毛などが生える部位ですが、だいたい一ヶ月程度でまた生えそろってきます。実は肌のターンオーバーなども考えると、だいたい3週間に一回程度のほうがいいともいわれています。ちなみに眉毛を整えたり口周りのひげのような黒い毛に関しては一週間に一回程度、こちらはセルフケアでも十分でしょう。

腕や足などの場合

それなりに自分で目立つときにセルフケアができるでしょうから、目立つようになったら週に一度シェービングを行うということでも十分でしょう。範囲が広いため面倒ならば人にしてもらったり専用のサロンを使ってもいいですね。

ワキ場合

2週間に一回程度、毛が伸びてきた時にするというのでもいいでしょう。気をつけたいのはシェービングのみでは脱毛まではできませんから、エステ脱毛のようにツルツルになるという効果は薄いかもしれません。

一度剃ると剃り続けなければいけないの?

一度剃ると剃り続ける必要が必ずあるか、というとそうではありません。
例えば一度やってみてカミソリ負けしたというのなら、他の方法や美容専用サロンでのシェービングも検討してみましょう。専用サロンのほうが肌に対しての負担がなく、美容についての効果も高くなります。

ただ、やはりムダ毛が気になるのならセルフで行えるように環境を整えたほうがいいかもしれません。最近は特に肌の負担が掛からないようなシェーバーもありますし、顔ならば顔用のカミソリもありますので、セルフでも簡単にできるようになります。また、眉毛を整えたりヒゲが生えて顔の毛を剃ることがある程度習慣化しているのなら、その時に一緒に剃ることもできます。

それ以外の部位ならば、例えば冬の間はお休みにしてもいいですね。人前で脱ぐことがなくムダ毛ケアをする必要が無いのならば問題はありません。ただ、もしどこかで脱ぐ可能性があるのなら前日までにケアをした方がいいでしょう。

ちなみに、やめたほうがいい部位としてはすでに美容サロンなどで脱毛処理をしてしまった肌に対してシェービングを行うのはやめたほうがいいでしょう。カミソリなどの刺激が強すぎて肌を荒らすので、ターンオーバーの効果を期待するのなら他の方法が良いかもしれません。

関連記事

お風呂でシェービングしてはいけない理由
おすすめ女性用シェービングジェル・クリーム・フォーム