シェービングを自分でする正しいやり方【顔・背中・うなじ】

正しいシェービングの手順

肌を傷めず綺麗に行う正しいやり方があります。

シェービングの基本は、毛と肌を温めて柔らかくしたり、水分を与えて切り易く準備する事です。最も簡単な方法は、シャワーを当てて十分に柔らかくするやり方です。このやり方は、準備に手間が必要ないので、手軽に行う事が出来ます。しかし、十分毛の根本まで温めるには、浸透力が欠点になってしまいます。
欠点を解消するには蒸しタオルを使い、自分で準備するには手間がかかりますが、毛を柔らかくする効果は段違いのやり方です。顔だけではなく、背中やうなじにも自分で行えるやり方なので、綺麗にシェービングしたい場合に適しています。

シェービング剤の重要性

下地が整った次の段階は、滑りを良くするシェービング剤を使用します。シェービング剤は、肌表面の潤滑性を高めるので、皮膚を直接傷付ける心配が減らせます。ただ、完全に横滑り等を防ぐ事は出来ないので、丁寧かつゆっくりシェービングする事が大切です。毛に逆らう逆反りは行わず、順反りで毛の抵抗を受けない事が欠かせません。

難しい部位はどうする?

手が届き難い背中、鏡で確認し難いうなじ等は、誰かに手伝って貰う事も一つのやり方です。自分でシェービングを全て行う時は、手の届く範囲だけに止めたり、複数の鏡を使って合わせ鏡を行います。毛を十分に取り除いた後は、アフターケアを行えば、シェービングのダメージ回復と肌の状態改善が出来ます。

仕上げが肝心!美肌を保つアフターケア

シェービング後のアフターケアは、シェービング剤を十分に落としたり、水気を吸い取って保湿剤を使用する事です。シェービング剤は、滑りの邪魔となる肌の油を溶かしますし、洗い流さなければ何時までも残り続けます。アルコールを含むアフターシェービング製品とは異なるので、肌に残らない様に洗い落とす事が肝心です。
洗浄にはぬるま湯を使い、必要以上に肌の油分を流さない事がポイントです。ヌルヌルやベタつきが落ちた後は、柔らかいタオルで水分を十分に吸い取り、化粧水を始めとしたアフターケア製品を使って保護します。

水気を吸い取る時は、肌に擦り付けるのではなく、軽く押し当てて吸収させる方法が安全です。 自分でやるやり方は、力加減が行える事が利点なので、繊細な感覚を活かしてケアする事が美肌の秘訣です。
美容液や保湿剤は、たっぷりの量を肌に乗せたり、優しく抑えて吸収を促すやり方が効果的です。自分でケアする時は、何時も完璧だと思いがちですが、実際はまだ改善の余地が存在する場合があります。

忙しい時間帯は、全ての作業が荒くなりますし、アフターケアを十分に行えていない可能性を考える事が出来ます。まずは顔を鏡でじっくり見る事、そして鏡に映る自分の肌と会話を行う事が重要です。

自分でした時のやりがちな失敗

自分でシェービングを行う時の失敗は、普段から繰り返し動作に慣れている事が理由になります。人はどの様な動作でも、体が慣れると意識が他に向いてしまいます。典型的なヒューマンエラーなので、意識を他に逸らさない事が失敗を避けるコツです。疲れている時は、目の前の作業ではなく、気になる事柄や他の興味に脳は集中してしまいます。

失敗を避けるには

十分に体や脳の疲れを取ってからシェービングを始める事、自分が何度も経験したやり方だとしても、初心に戻って集中を維持する事です。他の失敗としては、毛が根本に残った場合、深追いして何度も繰り返し剃ってしまうやり方です。深剃りは、自分で行える最も毛を残さないやり方ですが、肌に対するダメージは確実に蓄積します。

どうしても深く剃りたい時

毛を剃る手を一旦止めて、ピンセットを使い優しく抜くやり方があります。失敗を行う前には、必ず注意不足や間違いないという思い込みが存在しています。直感的に行動したり、考えが浅い状況で行動してしまうので、初歩的なミスを避ける事が自分の失敗を防ぐやり方の基本です。

準備を避けていきなり本番を行うやり方は、準備不足が高確率で肌のトラブルに繋がります。 時間をかけて準備する事は、失敗全般を避けるコツなので、時間のかけすぎ程度の準備が成功率を高めます。

お肌が荒れちゃった!そんな時の対処法

自分で念入りに準備したり、丁寧なやり方でも肌荒れした場合は、状態に合わせて対処する必要があります。肌の赤みや痛みが軽度であれば、炎症剤や肌を保護する薬品を使用する事で改善されます。薬を使った場合は、患部が気になる状態であっても、指で触れたり何度も洗わない事が重要です。自分の失敗は、後から悔やんだり自らを責めてしまいますが、肌荒れは必ずしも責任があるとは限りません。肌や細胞の状態によっても、シェービングに対する抵抗力は異なるので、常に肌状態を完璧に把握する事は困難です。

現実的な対処法としては、トラブルの可能性を出来るだけ小さくしたり、問題が起こった時に素早く対処する事です。肌荒れの原因が可能にある場合は、細胞に潤いを与える事が特に効果的な対処法です。

具体的には、外側から低刺激の保湿剤を使用したり、水分保持力と栄養を与える食事を摂り入れる事です。保湿剤は、自分の肌に合っている事、適度な粘りで簡単に乾燥しない事が商品選びのヒントです。肌に刺激がない点も重要なので、試用出来る時は試して比較してみる方法が有効です。

食事で肌荒れを回復するには、肌細胞に欠かせないビタミンを多めに摂り、コラーゲン等で水分保持力を高める事が役立ちます。
後はリラックスした状態で眠る事、これが自分で出来る最善の肌荒れ対処法になります。

関連記事

シェービングがもたらす効果|顔剃りで明るいお肌に!
お風呂でシェービングしてはいけない理由